健康

ブルーライトが目に悪いってホント?

こんにちは。mochoです。

今多くの人々がスマホやパソコン、ゲーム機を持っていると同時に、それらの画面からブルーライトというものが放出されているのも多くの人が知っていると思います。

ブルーライトは目に悪いからと、ブルーライトカットのメガネなども出ていますからね。

しかし一方で、ブルーライトは目に悪影響を及ぼさないという意見もあります。

そこで今回は、ブルーライトが及ぼす影響についてまとめてみました。

ブルーライトってなに?

ブルーライトはスマートフォン、パソコン、ゲーム機などのLEDディスプレイから出る光のことです。

ブルーライトは太陽から放出される光の一種なので日常的にスマートフォンやパソコン、ゲーム機がある前から日常的に浴びていたものです。

ブルーライトは可視光線(目に見える光)の中で最も波長が短い光です。言い換えると、目に見える最も強力な光ということになります。

ブルーライトが体に及ぼす影響

ブルーライトが及ぼす影響は次の2つです。

  1. 目が疲れる
  2. 体内時計がくるう
目が疲れる:

説明した通り、ブルーライトは目に見える光の中で最も強い光であることから、長時間使っていると目が疲れてきます。しかし、これによる失明などの心配はないそうです。

また、目が疲れる原因は他にもありそれは、瞬き回数の減少だといわれています。ブルーライトが強力なため目が疲れるというのもありますが、どちらかというと瞬きの減少が目の疲れに大きく影響しているそうです。

体内時計がくるう:

ブルーライトを夜遅くまで使っているの体内の時間が狂うといわれています。ブルーライトはそもそも太陽が出ている時間帯に自然と浴びるものですから、ブルーライトを浴びることによって人の体がまだ日が出ていると錯覚することが原因です。

ブルーライトへの対策

目の疲れに対する対策:
  1. ブルーライトカットの商品を使う
  2. ブルーライトカットの機能を使う
  3. 画面の明るさを弱める
体内時計を維持するための対策:
  1. 日が沈んあ後の使用をほどほどにする
目の疲れに対する対策:

今は、ブルーライトカットメガネなどもたくさん出ているので、購入してみるのもいいと思います。ブルーライトを完全にカットできるわけではないですがだいぶ抑えることができます。

メガネが合わないという人も、スマートフォンにそもそもブルーライトカットのの機能がついていたりすることもあり、なくてもアプリを入れることでブルーライトを軽減することができます。

あとは、当たり前の子ですが画面の明かりを弱めれば目への負担も減ります。特に暗いところで使う時は、画面の明かりを弱めるといいと思います。

体内時計を維持するための対策:

体内時計を維持するためには、寝る前にブルーライトを浴びすぎないことが大切です。目安としては、寝る2時間前くらいにはスマホ、パソコン、ゲーム機などは見ないほうがいいです。そうすることによって、心地よく睡眠することができます。

まとめ

ブルーライトが目に悪いってホント?

ブルーライトによって失明するなどの危険性はありませんが、目に見える一番強い光ということもあって長時間見続けるとさすがに目も疲れます。それとは別に、ブルーライトは体内時計をくるわせる特徴があるので日が沈んだ後の使用はほどほどにする必要があり、寝る2時間前にはスマホ、パソコン、ゲーム機などの液晶画面は見ないほうがいいといわれています。

ブルーライト自体はもともと存在するので、そんなに悪いものではありません。スマホとうまく付き合っていきましょう。