お金

【資産運用】株で失敗する人

こんにちは。mochoです。

年金問題ってよく聞きますよね。今の時代は昔の時代と違って少子高齢化が進み、年金だけで老後を快適に生活するのは困難です。

しかし、前もって準備しておけば老後の生活に困るということもなくなりますよね。

そこでこの【資産運用】シリーズでは自分の資産を増やしていくための基礎知識を、自作のイラストを使ってわかりやすく説明していきたいと思います。

今回の内容は、株で失敗する人の特徴です。

株で失敗する人

株式投資で失敗する人の特徴を、株の売買の流れに合わせて説明します。

選ぶとき

  • 他人の意見を信じ込む
  • あまり情報を集めないで何となく決める

株式投資において、どの株を選ぶのかというのは重要なポイントです。銘柄によっては配当や株主優待などの利益だけで利回りが5%を超えるものもあります。また、今は様々な情報が飛び交っているので一つの情報だけを信じるのは危険です。できるだけ多くの情報を集めて自分で判断しましょう。

買うとき

  • チャートを見ずに何となくで買う

ここで言うチャートとは、株の動きをグラフにしたものです。

このチャートを使って分析することが大切になってきます。そうすることによって株価が安い時に買い株価が高い時に売ることが容易になります。また、チャートの種類については他の記事で説明します。

持っているとき

  • 株価の値動きに一喜一憂する
  • 欲をかく

株価の変動に一喜一憂し、欲をかいてしまうと冷静な判断ができなくなることが多いです。そういった人は、取引上でミスが出てしまう危険もあります。よくある例では、一桁間違えて入力したことで大きな損失につながってしまう、なんていうこともあります。

売るとき

  • 欲をかきすぎて売るタイミングを逃す

株価が自分が思っていたよりも高くなると嬉しくなって、もっと上がると思って売らずに待っていると気がついたら株価が下がっている。もしくは、株価がかなり下がってしまったけど回復すると思って売らずに待っていると、そのまま下がり続けて株を売れなくなってしまう。などといったことになります。

失敗する人の特徴まとめ

株式投資で失敗する人の特徴は、主に次の四つです。

  • 情報収集が不十分
  • 周りに流されやすい
  • チャートの分析が不十分
  • 欲をかいてしまう

これらの特徴があると株で成功する確率はかなり低くなってしまいます。株は勢いだけでは何ともならないので計画的に行いましょう。

重複するところもありますが、株で成功する人の特徴についても簡単にまとめたので参考にしてください。