健康

カフェインってどのくらいまで飲んで大丈夫?

こんにちは。mochoです。

朝にコーヒーを飲まないと一日が始まらない人や、エナジードリンクを飲まないと勉強できない学生がたくさんいると思います。

でもそんなにカフェイン摂取して大丈夫

そこで今回は、カフェイン摂取量と起こりうる症状にまとめてみました。

カフェインが含まれている飲み物

カフェインが含まれている飲み物として一般的に挙げられるのは

  • コーヒー
  • コーラ
  • エナジードリンク
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ココア

です。他にもカフェインを含むものはありますが、一般的な生活で摂取するのはこれらなのかなと思われます。

カフェイン摂取が及ぼす影響

カフェイン摂取が及ぼす影響としてここで紹介するのは、次の2つです。

  • 睡眠への影響
  • カフェイン中毒(慢性)
  • カフェイン中毒(急性)

1つずつ説明します。

睡眠への影響

100mg以上のカフェイン摂取が睡眠へ影響を影響を与える可能性があります。

この時の具体的な影響としては、

  • 睡眠に入るのに時間がかかる
  • 睡眠時間の短縮
  • 深睡眠の減少

が挙げられます。

しかし、このことに関してはこれらの不眠症状の原因の1つになっているという話なので、カフェインを100mg以上摂取したからといってこれらの症状が確実にみられるというわけでもなければ、これらの症状が出たからカフェインを減らせば解消されるという話でもありません。

カフェイン中毒(慢性)

カフェイン中毒(慢性)はカフェインを継続的にに摂取することによって起こる症状で、続けていたカフェイン摂取をやめることで症状が発症します。

カフェイン中毒(慢性)の症状:
  • イライラする
  • コーヒーを飲まないと落ち着かない

慢性のカフェイン中毒だと上のような症状が出ます。さらに、これらの症状が進むとパニック状態になったり精神が不安定になってしまうこともあるそうです。

カフェイン中毒(急性)

カフェイン中毒(急性)は、短時間に大量のカフェインを摂取することによって起こる症状で、死に至る場合もあります

カフェイン中毒(急性)の症状:
  • 全身の痙攣
  • 過呼吸
  • めまい
  • 吐き気

急性の場合は上のような症状を含み明らかに体に異変を感じます。おかしいと思ったらすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

カフェイン摂取量と中毒の発症:

では、どのくらいまでならカフェインを摂取してもいいのでしょうか。

体重1kg当たりの摂取量で考えると次のようになります。

  • 1時間で6.5mg/kg(約半数が発症)
  • 3時間で17mg/kg (全員が発症)
  • 200mg/kg (死に至る可能性あり)

ということだそうです。自分がどのくらいまで摂取すると危険なのかを知りたい人は、上の数値に自分の体重をかけて計算してみてください。

上の数値はあくまで症状が出るときの数値で、一日に摂取するカフェインの量は300mgが理想的だそうです。

飲料のカフェイン含有量

代表的な飲み物のカフェイン含有量を調べてみました。

カフェイン含有量飲み物の量
インスタントコーヒー80mg1杯
ボス・ドライブショット(缶コーヒー)167mg185ml
ボス・カフェオレ75mg185ml
伊右衛門(お茶)50mg500ml
午後の紅茶ミルクティー80mg500ml
コカ・コーラ35mg350ml
モンスターエナジー114mg355ml
レットブル80mg250ml

ということでした。

まとめ

カフェインってどのくらいまで飲んで大丈夫?

カフェインの飲みすぎは、カフェイン中毒を引き起こす可能性があります。理想的なカフェインの摂取量は1日300mgくらいといわれているそうです。どのくらいのカフェイン摂取量でカフェイン中毒になるかは個人差があるので、少し取りすぎかなと感じた人は少し減らしてみるといいと思います。

飲みすぎに気を付けて、コーヒーやその他の飲み物を楽しみましょう。