未分類

ブログをはじめようとしている”僕”へ

image

 僕は、大学1年生の冬にブログを始める。理由は単純でお金を稼ぎたかったから。「副業としてブログやってたんですけど、そっちの稼ぎの方がでかくなったので、会社やめて独立します!」みたいな記事をみたせで、簡単に稼げる気になって、そのワクワク感だけでブログを開設する。

最初は何もかもが新鮮。初めて書いた記事をネットで検索して出てきたときも、広告の審査を通過したときも、めちゃめちゃ嬉しいし、楽しいし、大好き。

でも、そのワクワクも長くは続かない。全然稼げないから。いつまで経っても収益がでない上に、記事のネタも尽きて、どんなことについての記事を書けばいいのかがわからなくなって最終的には、『普通にバイトして元取ればいいか。』と開き直って、ブログを約半年放置。結局、最初に無駄金を払っただけとなってしまう。

これが、ブログを始めようとしている僕がその後に通るルート。

でも、このことから今の僕が言いたいのはブログを始めてはいけないということではない。そうではなく、途中で諦めるなよということ。

正直、「ブログはもうオワコンだ。」みたいな流れもあるが、大事なところはそこではない。自分の設定した目標をいかにして成し遂げるかだと思う。

ブログである程度の収益を出すこと。そのために、自分に何ができるのか、うまくいかないならどうすればうまくいくのかをひたすら考え続ける。それが、とても大事だと今の僕は思う。

過去の僕はブログで稼ぐことを諦めたのではなく、考えることを諦めた。だから、今の僕が伝えたいことは、成功させる方法考え続けなさいということ。

『成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ』これは、パナソニック創業者の松下幸之助さんが言った言葉で、今の僕はこれをモットーに日々いろいろなチャレンジをしている。

ブログも、この通り再開している。僕はこの挑戦を成功させる。いつまでかかろうとも。

このブログでは、今の”僕”が過去の”僕”に伝えたいことを綴っています。過去の”僕”と同じ境遇にある誰かがこの記事を読んで、納得したり、共感したり、否定したりして、そこから一歩前に進むキッカケになってくれたらいいなと思っています。