健康

音楽を聴きながら寝るのはよくない?

こんにちは。mochoです。

僕はよく音楽を聴きながら寝落ちすることがあります。皆さんはどうでしょうか。してますよね。

音楽を聴きながら寝るとなんだかすぐ眠りに入れるような気がしますよね。

しかし一方で、音楽を聴きながら寝落ちするのは睡眠の質を下げるともいわれるようです。

そこで、今回は音楽を聴きながら寝落ちするのは睡眠の質を下げるのかどうかを調べてみました。

音によっては寝つきをよくする

音楽の種類によっては寝つきをよくするそうです。寝つきがよくなるといわれている音楽は次のような条件の音楽です。

  • 単調な音楽
  • リズムがゆっくりの音楽
  • 音量は小さめ
  • 歌詞のない音楽(意味の分からない)
  • 自然の音

どうしてこれらの音楽は寝つきをよくするのか一つずつ簡単に説明します。

単調な音楽:

単調とは・・・変化に乏しいこと、一本調子であること

展開の移り変わりが激しい音楽とは対照的な音楽です。こういった音楽のほうがリラクゼーション効果があるそうです。

リズムがゆっくりの音楽:

リズムがゆっくりであることもリラックスに必要な条件です。たとえ自分の好きな曲でもアップテンポの曲は避けたほうがいいですね。

音量は小さめ:

音量が小さいこともまたリラックスに必要な条件です。基本的に人間が睡眠中、音に反応するときは敵が来た時といわれているそうですから、音で起きるのもよくないといわれていますね。アラームで起きている人もできれば他の方法で起きることをお勧めします。

歌詞のない音楽(意味の分からない音楽):

歌詞がある音楽を聴くと、歌詞が思考に影響を及ぼす可能性があるそうです。そのため、なるべくオフボーカルの音楽を聴くのがいいそうです。また、歌詞が思考に影響を及ぼさなければいいので、歌詞が英語の音楽を聴くというのも一つの方法です。

自然の音:

波の音や、森で葉が風に揺られる音、雨の音、など自然の中にある音というのはリラクゼーション効果があることがわかっています。今では、集中力を高めることとしてもよく知られているので、自然の音を流すことができるアプリなんかも多く存在します。ぜひ入れてみてください。

これらの条件を整理すると寝付くのに適切な音楽は

  • 穏やかなBGM
  • 穏やかな洋楽
  • 自然の音

これらの音楽になりますかね。

僕個人的にはラジオを聴きながら寝落ちすることもあるですが、正直自分がリラックスできているならそれでいいのかなという気がします。

しかし、大事になってくるのが次です。

寝ている間は音楽を聴かないほうがいい

これまで寝付きやすい音楽について説明しましたが、寝ている間はそれらの音楽によって眠りが浅くなってしまう可能性があるため、音楽を聴かないほうがいいそうです。

そのため、考えられる方法としては次の二つです。

  • 寝る直前に音楽を切る
  • スリープタイマーをセットして音楽を自動できる

今ではスリープタイマーの機能を持つ音楽アプリも多くありますから、大体この時間に眠りに落ちるだろうなという時間にタイマーをセットして寝るのがいいと思います。僕もラジオを聴きながら寝落ちすることが多々ありますが、スリープタイマーをセットするようにしています。

スリープタイマーがないような音楽機器、音楽アプリで音楽を聴いているという人は寝る前に音楽を切るようにしてください。

まとめ

音楽を聴きながら寝るのはよくない?

聴く音楽の種類によっては眠りにつきやすくしてくれることもあります。実際に眠りにつきやすいといわれている音楽としては、歌詞の入っていない音楽、洋楽(英語がわからない人は)、自然の音などが挙げられますが、自分がリラックスできる音楽を聴くのが一番かなと思います。しかし、気を付けてほしいのが寝ている間は音楽を聴かないほうがいいというところです。睡眠中の音楽は、眠りを浅くしてしまう可能性があります。寝る前に音楽を切るか、スリープタイマーをセットすることで寝ている間に音楽を聴かないようにするのがいいでしょう。

スリープタイマーのセットし忘れにご注意ください。